トップページストーリー紹介

プリンセスソフトトップ


──story──


3月17日、音楽祭のファイナルとして『マグノリア・カルテット・コンクール』は開催される。

全国から選ばれた24組96名の若者たちが腕を競い、優勝者には大きな名誉と成功への切符が約束されるのだ。 若者たちは、それぞれの夢や願いを抱いてコンクールを目指す。

かつての天才少女 『シャルロット・フランシア』

陽気なムードメーカー 『ユニ・アルジャーノ』

物静かな優しい少女 『李・淑花』

主人公 『フィル・ユンハース』

時にはぶつかり合い、悩みながらも、彼と彼女は、音楽から生まれたほんの小さな絆を信じて――。





「心配だな〜。お兄ちゃん、分かってる?」

ある冬の夕暮れ。見習い楽器職人フィル・ユンハースは教会に向かう。

急病に倒れた祖父の代理として、ミサで演奏するためだ。

「あはは。余裕ですよ、余裕」

軽い気持ちで、ヴァイオリンを弾いた。そして彼の運命は、その演奏で大きく変化する。

「私と一緒に来てみる気…、ないかな?」

音楽院への誘い。 それをきっかけにした、三人の少女との出会い。

「ようこそ、わたしたちのカルテットへ!」

フィルと少女たちの、新しい日々が始まる。





マグノリア音楽院は古い歴史を誇る音楽の名門校です。

中世貴族の館を改修して造られた広大な敷地内には、全国から優れた若者たちが集い、
その華やかな才を競っています。

また敷地内には、家が遠方の学生のための寄宿舎が用意されています。

学院生は、器楽学科、声楽学科、作曲学科など学科ごとに細分化され、
それぞれの個性や能力に合わせた指導が進められています。

また、単純な技巧の追求だけではなく、広く基礎的な学問、外国語などを修めることで、
学生自らが思考力、芸術的想像力を体得するよう求められています。

弦楽科の後期試験科目に、カルテットによるアンサンブル演奏があります。

その準備のため、弦楽科では後期授業の開始と同時にカルテット・チームの編成が行われます。

後期試験の成績優秀チームには、『マグノリア・カルテット・コンクール』への出場権が与えられます。